×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

つやまコンサート【岡山県津山市の音楽企画制作】アーティスト/細井 豊「学生街の喫茶店」ガロ

アーティスト/細井 豊

つやまコンサート【岡山県津山市の音楽企画制作】ホームページ 公演情報 活動記録 地域案内 つやまコンサート組織概要 お問い合せ 戻る

細井 豊  Yutaka Hosoi

■プロフィール

1954年4月2日生 O型 愛知県出身 通称「ユタさん」

ロックバンド『センチメンタル・シティ・ロマンス』のメンバーで、ボーカル、キーボード、ハモニカを担当。

センチメンタル・シティ・ロマンスの活動以外にも様々なアーティストへのライブサポート、レコーディングをつとめる。

演奏する姿に、魅了させるファンも多く、数々のアーティストから支持され、加藤登紀子・伊勢正三・竹内まりや・薬師丸ひろ子・中島みゆき、EPOなどのバックバンドとしてライブ及びレコーディングで活躍。太田裕美、大野真澄(元ガロ)、伊勢正三の、なごみーずに参加している。

1973年、中野督夫、細井豊、田中毅らによって結成されていた名古屋のロックグループ『シアンクレール』に、東京で洪栄龍らと共に『乱魔堂』として活動していた告井延隆がリーダーとして参加し、センチメンタル・シティ・ロマンスが誕生する。

1975年、CBSソニーレコードよりファーストアルバム「センチメンタル・シティ・ロマンス」を発表。この直後、メンバーは名古屋市長よりロスアンジェルス市長へのメッセージを携えて渡米。帰国後、ドラムスが野口明彦(元シュガーベイヴ)に変わっている。この年、全国主要都市コンサート・ツアーを行う。

1976年、セカンド・アルバム「ホリディ」(CBSソニー)を発表。この年、ベーシストとして久田潔が参加する。その後VAN、グンゼ、講談社などのテレビCMも手がけ、オーバーグランド指向を見せ始める。

1977年、キティ・レコードへ移籍し、サードアルバム「シティ・マジック」を発表。

1978年、名古屋森林公園での「フリー・コンサート」で、センチメンタル・シティ・ロマンス6年間のレコーディング及びステージ活動の総決算とも言えるライブを収録。

1979年、コロムビア・レコードに移籍。角川映画「金田一耕助の冒険」サウンド・トラックを担当し、7月に発表。同時に前年録音したライブ・アルバム「Sentimental Live」も発表する。8月に5枚目のオリジナル・アルバムをバンド結成以来の夢でもある、地元名古屋のスタジオに於いてレコーディング。11月25日、初の名古屋レコーディング・アルバム「歌さえあれば (We LikeMusic)」を発表。

1980年から約2年間、東京・名古屋・広島・福岡などでライブ活動。同時に加藤登紀子・岡林信康・竹内まりやなどのバックバンドとしてライブ及びレコーディングで活躍。

1983年、アルバム「はっぴいえんど」を発表し、7月より名古屋・大阪・東京でコンサート・ツアー。

1984年、2月にシングル「ゴーイング・バック」を発表。6月にはアルバム「リラックス」を発表。続く12月、ベスト盤「なごやかに なごやかに」を発表。

1985年、名古屋市芸術奨励賞を受賞。同年は、中島みゆきのアルバム、レコーディング。

1986年、アルバム「サマー・デイズ(夏の日の想い出)」を発表。
NHK銀河テレビ小説『清水港ストーリー』の主題歌「デイバイデイ」を提供。

1987年、エポ(ミディ・レコード)、 遠藤京子(CBSソニー)レコーディング。また、日米市長会議マルチスライドを音楽担当。

1988年、楠瀬誠志郎(CBSソニー)、鈴木雄大(ファンハウス)、薬師丸ひろ子(東芝EMI)らのステージサポート。また、新井正人(ハミングバード)レコーディング。

1989年、世界デザイン博覧会(名古屋)テーマ館の音楽担当。

1990年、薬師丸ひろ子(東芝EMI) ステージサポートにより全国ツアー。

1991年、加藤登紀子「ファシネーション」(CBS/SONY)レコーディング。一方でフジテレビ系ドラマ「101回目のプロポーズ」においてハーモニカも担当。

1992年、わかしゃち国体(愛知)キャンペーンソング作曲。
同年、名古屋市芸術創造センターにて細井豊のソロコンサート「Music Wonder Land」を行う。

1993年、センチメンタル・シティ・ロマンス 20周年メモリアルライブをCD、LD、ビデオでVideo Arts Musicより発表。
Live 30 years young [DVD]
Live 30 years young [DVD]

1994年、加藤登紀子のエジプト・カイロツアーに参加の後、パリにて加藤登紀子アルバム『花』レコーディング。

1995年、加藤登紀子初のビデオ『花咲く頃に』に参加。パリにて加藤登紀子コンサートサポート。また、山崎ハコ New Albumレコーディング参加。

1998年、センチメンタル・シティー・ロマンス 25周年メモリアルライブを渋谷オンエアーで開催。

その後は、センチメンタル・シティー・ロマンスもしくは細井豊として数々のアーティストやタレントのステージサポートおよびレコーディングに参加して活躍している。

センチメンタル・シティー・ロマンスは、2011年8月10日にニューアルバム「やっとかめ」を発表まで、計18枚のアルバムをリリース。

やっとかめ

■ つやまコンサートとの関わり

2012年4月
津山加茂郷コンサート・茶木みやこプロデュース出演。